ドイツの古水車小屋での穏やかで手作りな日常を綴ります。
by sinsheim
カテゴリ
全体
水車小屋
昔の自転車
こども
たべもの
ポンコツ&旧車
アンティーク&古道具
おでかけ
イベント
ひとりごと
ひと
文化財&修復
にっぽん良いとこ
KAME
フランス
音楽
クリスマス
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
フォロー中のブログ
最新のコメント
kyogohanさん。ま..
by sinsheim at 07:13
バッハラッハ! 懐かしい..
by kyogohan at 13:20
白くまさん、わーい!では..
by sinsheim at 05:34
11月なら落ち着いている..
by germanmed at 05:45
白くまさん!!ご無沙汰し..
by sinsheim at 03:15
ドイツでも栗ってあるんだ..
by germanmed at 02:42
かざぐるまさん、もう大学..
by sinsheim at 00:36
はい もう大きくて大学生..
by かざぐるま at 06:19
かざぐるまさん、はじめま..
by sinsheim at 02:38
水車小屋を検索していて ..
by かざぐるま at 00:39
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
3日遅れのアドベンツカレンダー
11月後半は生煮えな感じとよく噛まないで飲み込んだような感じに過ぎていった。。。
今年の第一アドベンツは2日の日曜日。クリスマスの準備の心もまだどこか他人事のような感じで迎えました。なんだろなぁ~。
毎年作る子供と大人のアドベンツカレンダーも急いで飾ったはいいけれど、なんだかなぁ~という感じ。そんなモヤモヤとした1日の午後、急に思いついた!
それから、かあちゃんはお尻に火が付いたように作り始めました、子供たちのアドベンツカレンダー。材料は全て家にあるもの。オールドリネンを惜しみなくザクザク切っていった。全てを切り終えて足踏みミシンをゴトゴト。頭の中のイメージだけで下書きも何もなし!出たとこ勝負(笑)
2日は雨でいろんな合間を見てミシンをカタカタ。。夜中の1時まででようやく半分縫い終わった。とりあえず、明日の3日は用意できた。
d0171125_22042297.jpg
そして、今朝カノンが3のカレンダーを開けました。出てきたのは・・・貝殻。子供たち貝殻好きなのねぇ。耳にあてて波の音が聞こえたよ。
みんなを送り出して、アレックスと下の窓ふきをやったあと、作業再開。な、なんとかできた~。3日遅れでごめんよ。
本当は数字も手縫いでつけたかったけど、来年までにそうしよう。カレンダーが空になったら裏返してそこにも模様をいれたいんだな。
d0171125_22062237.jpg
子供たちがずーっと使えるように、いつか孫たちにも(気が早すぎ!笑)「これはおばあちゃんがつくったんだよ~。」っていう日を想像しながら作りました(笑)まだ未完成だけどできた!中身の一番のお楽しみは・・・サメの牙(本物!)あ~やっと12月になった気がしてきました。


[PR]
# by sinsheim | 2018-12-03 22:13 | ひとりごと | Comments(0)
Vitra Design
d0171125_07225528.jpg
父ちゃんの誕生日だった先週、友達が「子供たち預かるから、たまには夫婦でお出掛けしておいでよ。これ、誕生日プレゼント」と言ってくれて、そういえば二人きりで出かける機会なんてなかなかないなぁと思い、急遽スイスの国境まで一泊旅行することに。まずはフライブルグの友人のお勧めでバーゼルのバイエラー財団のミュージアム敷地内の庭園へ。
d0171125_07295556.jpg
モダンなミュージアムの建築よりも、この古くて趣のあるカフェ・レストランが入った建物の方が好みの感じ。
d0171125_07332467.jpg
落ち着いた雰囲気の素敵なカフェ。子供はまだ連れてこれないなぁ。
d0171125_07343282.jpg
敷地内に古くてかわいいシトロエンを発見!いつかはこいつで移動カフェが夢、かなぁ・・・
d0171125_07355758.jpg
国境の街ヴァイル・アム・ラインで一泊し、次の日は父ちゃんが希望した”Vitra キャンパス”へ。
この敷地内にはVitra Design の工場を含め、世界的な建築家による建造物が立ち並び、ミュージアムやショールームを見学できます。
d0171125_07402258.jpg
まずはショールームを見学。天井の高い明るい部屋に、モダンな家具や雑貨が絶妙なバランスで配置されています。
d0171125_07414751.jpg
バルコニーにもアイデアがいっぱい。
d0171125_07425414.jpg
バスルームにも。
d0171125_07432584.jpg
d0171125_07434109.jpg
d0171125_07435580.jpg
d0171125_07442414.jpg
この椅子を使い込んで、味が出てきたらどんな感じになるのかなぁ?
d0171125_07452089.jpg
・・・と思ったら答えがここに(笑
d0171125_07455954.jpg
Vitra社は1950年代から世界中の名デザインチェアのライセンス生産を手掛け、自社オリジナルのスツールも。
d0171125_07482418.jpg
このカバのドア・ストッパー、何とも言えない愛嬌。ミュージアムショップにも置いてあり、出会いと思い出と、ということで我が家にもやってきました!
ショールームが想像以上に充実していて今回はここでタイムオーバー。また絶対来る!!
d0171125_07502243.jpg
帰路、フライブルグの友人と昼食に美味しい寿司を食べに。はぁ~、ドイツでこのクオリティー!親方、ありがとうございます!
d0171125_07523413.jpg
子達を預かってくれた本田家では、カノンとユメがデュエットで演奏をしてくれて。こんなことも出来るようになったんだなぁ(しみじみ・・)
d0171125_07543784.jpg
こんな貴重な機会を作ってくれためいちんとベンヤン、本当にありがとう!












[PR]
# by sinsheim | 2018-11-25 07:55 | おでかけ | Comments(0)
秋休みの最後はアルザスへ!
d0171125_07152107.jpg
秋休みの前半はじっくりお家の整理や片づけを。そして後半は二泊三日でお気に入りのアルザス地方へ。
d0171125_07184328.jpg
今回は七人で泊まれる安いアパートメントを発見したのでホンダファミリーを誘ってEguisheim(エギスハイム)へ。
d0171125_07212191.jpg
宿の安さで決めた街が、なんと素晴らしい旧市街の町並み!街全体が中世そのままなのです。
d0171125_07242265.jpg
夕暮れ時にワインを買いがてら旧市街を散策。「花の街」としても賞をとったとのこと。
d0171125_07261259.jpg
そして趣のある建物のワイナリーが沢山点在。
d0171125_07270773.jpg
ここのワイナリーはエンテ(2CV)が看板に!なんでもこの車でブドウ畑を案内してくれるとか。
d0171125_07282556.jpg
ショーウィンドウにもワインとエンテが至る所に(笑
d0171125_07292761.jpg
そして気になる素敵な試飲スペースのあるワイナリーに入ってみると・・・
d0171125_07302807.jpg
なんと1600年代から同じ建物で、現在12代目という超老舗のワイナリー!
実はエギスハイムは「アルザスワイン発祥の地」なのです。
数種類試飲させていただき、気に入ったワインを箱買い(笑
d0171125_07342502.jpg
やっと子達が寝静まると、大人はフランス菓子でティータイム。贅沢だなぁ。
d0171125_07355875.jpg
朝目覚めるとバルコニーの向こうにブドウ畑が広がっています。
ちなみに手前右はアパートメントに付属する温水プール(これも決め手だった!)。
d0171125_07384682.jpg
そしてこのアパートメントには毎朝パン屋が販売に来てくれます。もちろんクロワッサンとバゲットでしょ!
d0171125_07400053.jpg
朝食後は皆で旧市街を散策。昨日の夕方の光とはまた映る景色が違うなぁ。
d0171125_07414216.jpg
子達のお気に入りは狭~い「どろぼう小道」(父ちゃん命名)。
d0171125_07433593.jpg
観光客でにぎわう一角。木組みの家々と飾られた花がなんとも言えない風情を醸し出します。
d0171125_07465254.jpg
「泥棒小道」で追いかけっこも出来るし、何時間でも散歩できるね!
d0171125_07594573.jpg
街もワインも宿も素晴らしかったエギスハイム。美味しそうなレストランも見つけたので、またお友達家族を誘って来よっと!





[PR]
# by sinsheim | 2018-11-12 07:50 | フランス | Comments(0)
秋休み第一弾!
夏休みが終わって1か月半くらいしかたってないのに、また秋休みです。ドイツの学校お休み多いなぁ。子達は嬉しいけれど、共働きの親御さんたちはお休みをやりくりするのが大変だと聞きます。9月10月は毎週のようにリンゴジュース作りだった水車小屋。久しぶりの?イベントということもあって、この機会に薪オーブン室兼お客様用手洗い室の壁の塗り替えを平日にアレックスとやったりしました。壁がピカピカ!気付いたかな?
10月最後の週末は冷えた雨模様。薪窯を朝早くから付けて準備しました。
d0171125_22532865.jpg
ハロウィンの前ということで、幹太先生の工作教室はかぼちゃのランタン作り。形の良いかぼちゃを選んできたよ~。その名も「Hokkaidou」です(笑)
d0171125_22565353.jpg
集まった子供たちから早速作業開始!下絵を幹太先生に描いてもらって、できる子は自分でかぼちゃを切り抜きます。その後は種の部分をホリホリ。みんな楽しそうだね。
d0171125_22592055.jpg
カノンとユアンくんでお隣さんからいただいたジャンボカボチャを切り抜いたよ。うわぁ~。これだけでもオバケ見たいねぇ。
d0171125_23003882.jpg
せっかく薪窯を温めているので、うえで豚まんを!蒸気がもかもか上がるほどまではいかず、生地の発酵まで。最後は自宅のガスコンロで仕上げることに。
d0171125_23030867.jpg
みんなの希望どうりの顔を描いたよ~。「こわいかおがいいよね。目はこうで、口はこうで。。」「ふむふむ。こんなかんじ?」
d0171125_23053660.jpg
中2階ではお母さんたちが真剣です。智子先生と今回は日本から遊びにきていたお母さんも一緒にお手伝いしていただきました。秋の素材をたっぷりと使ったリースから、いい香りがしてきます。
d0171125_23081028.jpg
じゃじゃーん!かぼちゃのランタンできたー。こわいというよりかわいい感じ(笑)夜になってロウソクを灯すのが楽しみだね。
d0171125_23100113.jpg
「ほかほか豚まん蒸しあがりました~。」今回はニナちゃんが沢山お手伝いしてくれました。とても助かったよーありがとう!!KAMEの看板娘にスカウトしよかな?(笑)
d0171125_23111433.jpg
お腹がすいた子供たちは豚まんをガブっ。おいしいねぇ。あったまるねぇ。みんなペロリと平らげてたよ。
d0171125_23123244.jpg
ワークショップの終わるころ空は薄暗くなりはじめ、みんな片付け終わって、揃ったところでKAMEのケーキセットを。今回は秋のお楽しみモンブラン!かぼちゃプリン!シュークリームorレーズンサンドをご用意しました。みんなで食べるとさらにおいしいね。話も弾んで楽しかった。
d0171125_23160048.jpg
みなさん遠くから、近くからお越しいただいてありがとうございました!今回の反省点はやはり最後は中二階が暗い。ランプを天井から下げる計画はないので、1時間早めに始めるといいかなぁと次回から考えています。イベントは終わった後もいろいろ話し合ったりして発見がある。また暖かくなったころに楽しいこと考えましょ。共に時間を過ごせた皆様、楽しかったです!心からありがとうございました!



[PR]
# by sinsheim | 2018-11-07 23:21 | KAME | Comments(0)
夏休みの思い出 ~Bacharach~
d0171125_05265403.jpg
夏休み最後の週末のこと。キャンプをなんて考えていたけど、朝夕はかなりの冷え込みだし、体調を崩してはと断念。
「じゃあ、日帰りでバカンス気分が味わえるとことか?」
ということで、日本の姉夫婦おすすめの街 Bacharachへ!
d0171125_05324170.jpg
以前訪れたときはバギーを押して移動だったから、旧市街をあまり見れてなかったなー。今回は味わいのある散歩道を沢山発見できたよ。
d0171125_05344585.jpg
ワイナリーの飾り(のはず・・)のベンチでくつろぐ子達。
店の中では微笑む店員さん(笑
d0171125_05364747.jpg
街の目の前はライン川。石投げや石拾いでいつまででも遊べるね。
d0171125_05380741.jpg
水に流されて角の取れた綺麗な石を沢山あつめたよ。カノンは大好き母ちゃんのためにハート形の石を発見。
d0171125_05391226.jpg
子達が川遊びをしている間に父ちゃんは夕飯の予約がてら旧市街の路地裏を散策。太った方はお断り(笑
d0171125_05404165.jpg
家族を川に迎えに行って、発見した秘密の通路にご案内。「ここは泥棒だけが知ってる泥棒道だよ」と言うと、カノンは「反対から泥棒が来たらどうするの!?こわい!」と。しかしカナルは集めた小石が入った風呂敷を抱え、自分が泥棒になった気分でご機嫌(笑。この性格の違いが面白いなぁ。
d0171125_05452354.jpg
予約したのは小川の辺のワイナリー。ワインに合う軽食が食べられます。
d0171125_05474451.jpg
おつまみのプレート。ボリューム満点!
d0171125_05482872.jpg
小エビとシャケのフラムクーヘン。生地がサックリして美味しかったぁ!
d0171125_05495335.jpg
食後、さらに父ちゃんが下調べした、小川沿いに木組みの家と古い石橋が続く小道を散歩。
d0171125_05522670.jpg
カノンが「あ、エンテ(2CV)があるよ、あそこ!」と遠くの小屋を指さすと・・・本当に一台いた(笑
d0171125_05544343.jpg
薄暗くなるまで歩き回って、エンテに揺られて帰路に。子達も体力がついてきて、一緒に沢山散歩できるようになってきた。また一緒に来ようね、イチロウさん、ケイちゃん(是非!
 











[PR]
# by sinsheim | 2018-11-01 05:57 | おでかけ | Comments(2)
「今日のおやつ」
3度目にしてようやく上手くできた気がする。
先日の渋皮煮をのっけました。
d0171125_21464499.jpg
中身はメレンゲと無糖の生クリーム。あますぎないモンブラン!


[PR]
# by sinsheim | 2018-10-24 21:49 | たべもの | Comments(0)
はじめての花束
金曜日のお昼ごろ。
「ただいま~。」
「かあちゃん、ちょっときて~。」
玄関に、はにかむ顔に花束をもったカノンが待っていた。
「おたんじょうびおめでとう、かあちゃん。はいっ!」
ううっ。涙どどどーーーっ。
d0171125_04312881.jpg
「ありがとっありがとっ。ううっ、ううっ。」
かあちゃんの特別な日。学校帰りにカノンがかあちゃんの大好きなお花屋さんで一人で花束を買ってきてくれた。自分のお小遣いで。
一人でおつかいも行ったことないのに。ううっ。かあちゃん言葉にならないよ。
子供がいるってこんな幸せなんだ。家族がいるって本当に幸せだな。ありがとう、ありがとう。
d0171125_04361719.jpg
カナルからは船にみんながのっている絵を。
父ちゃんからはコレクションになりつつある世界に一つの手作りブローチ。メガネ!を黒檀で。すごいなー!
今年も元気に年を重ねられたことをみんなに感謝して。ありがとう!!!

[PR]
# by sinsheim | 2018-10-22 04:41 | ひとりごと | Comments(0)
栗三昧!
秋晴れの週末に補習校の行事(自由参加)の栗拾い遠足がありました。
d0171125_21484562.jpg
現地で集合し、それぞれが拾った木の実をいれる袋を持って出発~。子供たちは準備されたクイズ&指令の用紙を貰いました。
d0171125_21513500.jpg
ワラワラとみんな栗拾いに精が出ます。子供たちはあちこち拾い歩き、大人は大ぶりの実を探す。栗拾いなんて久しぶりだなぁ。
d0171125_21531197.jpg
カノンはささーっと歩いて遠くの先の方へ。栗以外にもいろんなものを見つけたよ。キノコにどんぐり、松ぼっくり・・ケムシにカエルにヘビ!まで登場。ぎゃー。子供たち大喜び。自然の中を歩くのは沢山の発見と出会いがあるね。さらに、おいしい栗がごろごろ(といっても、日本の栗に比べれば小ぶりです)!
d0171125_21565448.jpg
カナルは父ちゃんと最後尾を歩く。足の間に挟んで手を使わずに上手く実をだせるようになったよ。
d0171125_21581467.jpg
下見の時には約1kmの道のりを大人が歩いて15分ほどだったそうですが、目的地まで拾ったり、おしゃべりしたりして歩いて2時間ほどで到着。。みんな袋が膨らんでるなぁ。
d0171125_22005278.jpg
折り返し地点で休憩のお弁当。クイズの答え合わせがあったり、工作ができたり、遊びまわったり。とても気持ちがよかった!
d0171125_22030731.jpg
カノン、黄金虫発見。体の内側が美しく、虫って本当に綺麗だなぁ。とうちゃんは「陽の当たる木の栗は大きいよ!」と最後の最後まで栗拾いに夢中になっておりました(笑)
d0171125_22082366.jpg
さて翌日、こーんなに沢山拾ってきた栗を剥く作業が待っていましたー。子供たちの助けはあまり期待していなかったのだけど・・・。
d0171125_22094903.jpg
カノンがすごい!取り付かれたように剥きまくってくれて、母ちゃん感動。父ちゃんの切り目を入れた栗をひたすら手で剥く。後で「指がいたい。」って、爪がボロボロになるまでやってくれた(涙)カナルも20個くらい剥いてくれたよ。ありがとう。大助かりだー。
d0171125_22124180.jpg
あ、ここにも取り付かれた人が(笑)「今日中に終わらす!」と自分で勝手に決めた目標をなんんとか達成しましたー。わ~すごいっ!ありがとうっ!ありがとう!実は拾っている間、かあちゃんは明日は一人で栗剥きかぁと思っていただけに本当に助かったぁ。子供たちもすっかり戦力になるなぁ。
d0171125_22170896.jpg
そしてそしての夕飯はやっぱり栗ご飯でしょ!私は甘辛く煮たシイタケと一緒に栗を炊くのが好きなんだけど、シイタケの苦手なにいちゃんがいるので、シンプルな栗ご飯にしました。メニューは栗ご飯にさんま!(と言いたいところだけど、手に入らないので)アジの開き、根菜の味噌汁、ブロッコリーの卵とじ、自家製キムチでした。ホクホクした栗が美味しかったなぁ。みんなで剥いたから尚更美味しいなぁ。しみじみ。。
d0171125_22231180.jpg
さらに月曜日、残りの剥き栗は水に浸しておいて、渋皮煮を作りました。鬼皮をむいた栗で1,5kg!本当に沢山剥いてくれたなぁ。重曹をいれて10分、水を入れ替えて(重曹を抜くため)10分、その後、形が綺麗なものと崩れたものに分けてお砂糖と水あめを加えて15分やさしく煮て出来上がり!特別な渋皮煮ができたよ。父ちゃんは栗拾いにはまったらしく「もう、大きいのがあるところ分かったから、また行く?」と(笑)もう1回行けるかな?秋は楽しみがいっぱいだ。



[PR]
# by sinsheim | 2018-10-10 22:29 | たべもの | Comments(4)
村の祭りへご招待
d0171125_06355786.jpg
*夏休みの終盤へ戻って、9月2日の話。プファルツ地方の小さな村Oberotterbach(オーバーオッターバッハ)へ*
友人が「僕たちの住む村の祭りで、クラシックカーミーティングを企画するから参加してくれないかな?フランスから1930年代のバスが来るから、君たちのシトロエンと丁度いい組み合わせだと思うんだ」
d0171125_06434693.jpg
友達夫婦のホーストとユッタと出会ったのは2013年のイベントで。その後もずっと「いつか遊びに行くよ」と言っていて、ようやく実現しました。
d0171125_06462321.jpg
昼過ぎに到着。「まずは腹ごしらえだね」と言ったら祭りのクーポン券を沢山プレゼントしてくれて。子達は大好きなシュペッツレ(ドイツの卵麺)。二人にとってはいまや「ふるさとの味」です。
d0171125_06503706.jpg
父ちゃんは、あれば必ず注文するジビエ料理(鹿やイノシシ)。
濃い味付けと付け添えのベリーソースの酸味が絶妙!
d0171125_06540129.jpg
これはやりたくなる(笑。お祭りには付き物の的当てゲーム。子達は特別台の上に上がってボール当て。二人とも見事全部の缶を倒しました。
d0171125_06570491.jpg
景品のおもちゃ選びに時間がかかる(笑。結局3回もやりましたー。
d0171125_06580274.jpg
さてさて、祭りの目玉のクラシックカー展示コーナー。北欧で発見されたオペル。ペイントもシートもオリジナル!
d0171125_06591721.jpg
ホーストが木製フレームを全部作り替えたMG。こちらもオリジナルペイント。
d0171125_07001515.jpg
そしてこちらも古びた味わいを維持しています。
d0171125_07012621.jpg
おお~、ホコリまで大切に保存?!「何だか古色を大事にした味のある車両が多いね」と聞いたら「君が僕らにうつした病気だよ」とホーストがニヤリ。うん、確かに我が家のポンコツ号の影響力は強いかも(笑。
d0171125_07021821.jpg
この戦前のフランスのバスもかなりきてますよー。
d0171125_07052244.jpg
木製の床にオリジナルのシート、内装全てが当時のままです。
d0171125_07070021.jpg
運転席はさながら戦闘機のコックピット。これからお客さんを乗せて走り出すよー。
d0171125_07082765.jpg
うわー、揺れるぞ、遅いぞ、うるさいぞ(笑
d0171125_07095791.jpg
さて、祭りを楽しんだ後はホーストとユッタのお家を拝見。予想通りの味わいのある納屋付きの建物。
d0171125_07111294.jpg
納屋の入り口。時間が止まったかのような佇まい。

d0171125_07122682.jpg
キッチンの手作りガスコンロはボンベを下に配置し移動式!グッドアイデア!
d0171125_07142794.jpg
ユッタ、お家を案内してくれてありがとう。今度は水車小屋に遊びに来てね。

[PR]
# by sinsheim | 2018-10-07 07:15 | ポンコツ&旧車 | Comments(0)
「ひきこもり家族」
10月3日、ドイツは祭日(「ドイツ再統一記念日」)。
なーんの予定もない。空もぱっとしないしね。のんびりしますか。と、いっても家にいるとやることはいろいろ。
d0171125_04564240.jpg
9時過ぎに朝食を食べてから、かあちゃんと子達でクルミの殻割作業。二人ともとても上手に割れます。割りながらコリコリ。カキッカキッ、コリコリ。なかなかクルミたまらないのね。
d0171125_04592552.jpg
ようやく目標分がむけて、オーブンでかるく焼きます。ゴロゴロくるみのパンが焼けました。14時すぎにスープと一緒に遅いお昼ごはんに。焼き立てって贅沢だなぁ。でも、お昼ご飯までにリンゴを一人2個は食べている親子3人、あまりお腹がすいてなかった模様。。
d0171125_05042825.jpg
「リンゴのケーキ焼くの?」と朝から何度も聞く父ちゃん(笑)。どうしてもリンゴのケーキが食べたい父ちゃんの切望にお応えしてリンゴのマフィンを焼きました。アレックスのおすすめのリンゴを使ったよ。酸味があってマフィンの生地にぴったりだった!
d0171125_05115586.jpg
子達は(特にカノン)インドア派なので、一日家の中でも平気。2人でずーっとずーっと遊んでいる。ケンカももちろんありだけど、仲がいい。最近は積み木が流行っている。無限の可能性があるよね。
d0171125_05144285.jpg
たまたま整理していた「暮らしの手帖」にコロッケと餃子の特集があった。夕飯の希望を3人に聞いたところ「ギョーザ!」「コロッケ!」「ギョーザ!」2対1でギョーザ。でも、かあちゃんはすでに餃子の皮を用意していたのでした。ふふふっ。「秘伝の餃子」のあんのレシピを参考に作ったら(普段は分量テキトー。)、やはりいつもとは一味違って美味しかった!でも、次回は白菜じゃなくてキャベツで作りたいな。ご飯、卵とワカメのスープ、ほうれん草の胡麻和え、餃子。みんなモリモリ食べました。
d0171125_05204222.jpg
今日はかあちゃんはほとんどキッチンにいたなぁ。とうちゃんは自転車をトンカントンカン。子達はずーっと家遊び。たまにはこんな休日もいいよね。表に少しでたら思いのほか風が冷たくなかった。4回目のリンゴジュース作りのリンゴがもう用意されていたよ。


[PR]
# by sinsheim | 2018-10-04 05:24 | たべもの | Comments(0)